KANBI BLOG KANBI生&卒業生のサイコーな毎日をCHECK!

  • 関西美容専門学校 資料請求
  • BeautyPro ブログ

posted by  teacher

「選択PEEK A BOOカット講習2回目」

 皆さんこんにちは。teacherです。

本日タイトル通り「選択PEEK A BOOカット講習2回目」でした。

今日のスタイルは「レイヤースタイル」でした。

P1400911.JPG

 ちょっと仕上がり写真が小さいですが、4教室で仕上げていきました。

国家試験課題でもあるレイヤーカットは、「軽さ、動き」をつけるカット方法です。

レイヤーの引き出す角度は、骨格に対して設定するので

切った後落ちる位置を考えながらカットしていかなければいけません。

P1400909.JPG

もちろん、ブローも大事です。

ブローは、施術の中でも「セット」の部類に入るので、もしカットが少し間違えていても

ブロー次第できれいに見えたりします。

 内巻きに収まるか、はねるか、コテで巻くかなどすべて毛先のことですよね。

だから上手く仕上がったときには

P1400903.JPG

こんな表情になります。


 今回のスタイルは質感重視なので、スライドカットで毛量調節していきますので、

細かい技術が要求されます。

P1400904.JPG


技術のお話の中で、「オートクチュール」と「プレタポルテ」というワードが出てきました。

「オートクチュール」とはざっくりオーダーメード。

「プレタポルテ」とはレディーメード(既製服)。

つまり、オートクチュールの仕事を請けれる人は、どんなカジュアルな服でも作れるということを

話されていました。

 しかし、私達美容師は技術がよければいいわけではなく、お客様が気に入ってくだされば

オールオッケーという業界。

だから、接客が大事にもなってくるわけですね。難しいですね。

話は戻って、4教室では仕上げが多様でした。

ブローをした後、質感調整をして行く教室もあれば

P1400921.JPG

コテ仕上げや、

P1400924.JPG

ストレートアイロンでカーブをつけていったりと

同じスタイルでも仕上がりが違うと、雰囲気やシルエットも変わってきて、「かわいい」が変化します。

P1400914.JPG

 今日も内容の濃い授業、ありがとうございました。

最後に高野先生からのアドバイス。

「卒業までにしといたらいいことはなんですか?」の問いに

「たくさんの仕上げ方を、雑誌をみたり、友達にしてあげたりして勉強して下さい。

ベテランにはベテランしかできない感性が。若者には若者しかできない感性が必ずあるので

様々な仕上げ方を勉強して下さい。

カットはたくさん練習しなくちゃいけないけど、仕上げはサロンに立ったときにすぐにチャンスが

きますので、そのチャンスを逃さないように。」


 高校生の皆さんも、体育祭や文化祭などでどんどん友達のセットをしてあげて

今のうちから感性を磨いていてくださいね。

もちろん在校生もがんばってください。



以上teacherブログでした。
P1400915.JPG

 

CALENDAR(カレンダー)

<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

最新記事